PlayStationストアのサマーセール

セール

つい先日まで、PlayStationストアのセールをやっていました。

平日は一日10分〜30分くらいしかゲームをプレイする時間がないにも関わらず、以前からめっちゃ気になっていたソフトを買ってしまいました。笑

いつか仕事が落ち着いて、プレイできる日が来ることを祈って。

セールで買うことができるのは、パッケージ版ではなく、いずれもダウンロード版です。以前は手元に残るパッケージ版しか買う気がしなかったのですが、最近は家にモノが増えないダウンロード版の方がスッキリするので、逆に好きになりました。

買ってすぐにプレイするのであればパッケージ版の方が、やってる感があって良いんですけど、いつプレイできるかわからずに部屋に積んであると、なんか「はやく遊べよ」というオーラを発してそうで気になるんですよね。苦笑

セール価格もちゃんと考えられているようで、Amazonとか家電量販店などの通販サイトでパッケージ版を買うよりも安い値段になるように設定されているようです。

ということで、今回のセール、あまりバカスカ買ってもプレイする時間がないので、そんなにたくさん買うわけにはいかないのですが、以前から気になっていたソフトを数本買ってみました。

ウィッチャー3 ワイルドハント

海外ゲームメーカーのアクションRPGです。

3時間くらいプレイしてみたのですが、敵にとどめを刺すときに首をはねたり、普通に魔物の血塗れの死体が転がっていたり、グロい描写があります。メインクエスト、サブクエスト共にシナリオはシリアスな感じで、かなり面白そうでした。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドをかなりリアルにした感じのゲームという印象です。

Amazonのレビューを眺めてみたところ、すでにクリアした人たちの評判は軒並み高評価でしたので、個人的にはグロい描写に付いていけるかどうかで、プレイし続けられるかどうかが決まるといった感じですね。

主人公の機動性はそこまで高くなく、敵の攻撃を防いだりかわしたりつつ攻撃するのはそれなりに難しいですが、操作性は私は結構好きでした。

これから、週末に1〜2時間ずつプレイしていくんじゃないかと思います。

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ

以前に、ニンテンドーストアで体験版をダウンロードして遊んで以来、気になっていたソフト。

ドラゴンクエスト1の世界で、まちづくりを楽しむことができるゲームです。そろそろ次回作のドラゴンクエストビルダーズ2が出ることになっていますので(発売日は未定)、2の発売日が決まったらプレイしようかな。

ファイナルファンタジーXV ロイヤルエディション

私は発売日には買わずに様子見をしていたのですが、プレイした人たちの評価が軒並み低くて話題となったソフト。

Amazonのレビュー欄も衝撃の低評価です。

昨年はヨドバシカメラのセールで、通常盤のファイナルファンタジー15がまさかの980円で販売されていました。中古ではなく新品が1000円を下回ってしまうとは。

とはいえ、ファイナルファンタジーシリーズは1から12までオンラインゲームの11を除いてずっとプレイしてきましたので、いつかはプレイしてみたいと思っていました。(13以降は仕事が忙しくてPlayStation3を購入していないのでプレイできず)

一体なぜ低評価なのか、プレイしてみたいと思います。

2019年にかけて、ダウンロードコンテンツを追加して、イマイチだと言われているストーリーを拡充していくようなので、もしかしたら面白いゲームに変貌するのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です