S+ガチアサリに初挑戦

OKラインが遠い

ついに来ました。S+のガチアサリ。

せっかくS+に上がれたのに、いきなり落ちるのは怖いものの、勢いを止めないのが大事だと思い、S+に上がった次の日から早速潜ることにしました。

ガチアサリパワー1850。ユーチューバーの人たちの動画だと、ウデマエX導入前で2000を超えているのが普通のラインだったので、S+底辺からのスタートです。まあ、S帯で1700〜1800だったので、いきなり2000台に突っ込まれても泣けますが。

しかし、S+はOKラインが40%のところにある他のランクと違って、OKラインが50%のところにあるので遠い。涙

ゴール下で、プライムが立って有利になる場所を確認してからガチマッチに潜っていきます。



敵の対面能力が格段に高い

S+に潜ってみて感じるのは、敵の対面能力が格段に高い。簡単にやられます。涙

よくよく考えたら、ガチアサリってあまり優先度を高くしていないプレーヤーが多いようで、A帯とかでも他のルールでS+のプレーヤーによく遭遇していました。ウデマエXの人は流石にA帯とかS帯では見かけませんでしたが、S+だと部屋に普通にいますね。

全試合で調べたわけではないですが、今日最後にプレイした試合のプレイヤーを広場で見て行ったら、8人中2人が他ルールでウデマエXでした。苦笑

そりゃ、敵の対面能力が高いわけですわ。。

S帯の時点で他のルールでS+の人と対面していたので、S+のガチアサリでもそれなりにやっていけるんじゃないのかなぁ?と思っていましたが、S+にくると更に周りのプレーヤーが1段上になりますね。

早くもピンチに

OKラインを越える前に、ヒビが3つ入ってしまいました。涙

「ピンチ」は付いていませんが、ヒビが2つの時に負けてもヒビが増えなかったので、おそらくこの状態から負けるとウデマエメーターが割れます。

ピンチじゃないのに割れる仕様、どうにかならないんでしょうか、任天堂さん。。

「まあ、負けても再度S帯からやり直すだけだしなぁ」ということで次の試合に挑戦。

こういうオンラインゲームのいいところって、次の試合までのインターバルを自分で調整できるところですね。リアルでのスポーツの大会とかだと次の試合の時間は主催者側がコントロールするので、「まだ心の準備ができてないんで、あと30分待ってください」って言っても通らないですから。

ということで、水を少し飲んで水分補給し、これまでの緊張で首回りが凝っていたのでちょっとほぐしてから、S+降格か残留かを決める試合に行って来ました。



生き残れた

冷静に立ち回れて、S+のガチアサリ初挑戦は、OKラインを越えることができました。

まあ、同じチームに他のルールでウデマエXの猛者を引くことができて、その人にキャリーしてもらったんですが。笑

チームの中で一番射程の長いブキだったので、後衛の立ち回りをしていたのですが、全然敵が来ませんでした。ありがたい限りです。

今回はOKラインを越えることができましたが、S+にいる人たちと対面しても、まだ全然相手にならないので慣れが必要ですね。

ハイドラントであそぶ

ガチマッチではハイドラントを使っていませんが、結構好きです。サーモンランの配布ブキにハイドラントがあったら喜んでプレイします。(ハイドラに慣れていない人も多いので、サーモンラン成功率は普段よりも下がりますが・・・)

オクトエキスパンションはブキ練習にかなりいいと思うんですが、ハイドラ専用ステージを見つけてしまいました。

ガングロ・ヤマンバ駅ですか。笑

そういえば、かなーり昔、女子高生の間でガングロ・ヤマンバスタイルが流行ったことがありましたね。

美白なんて言葉は何処へやら、真っ黒な顔をした女性が街中にたくさんいました。

あれって、日焼けサロンで焼いてたんだろうか・・・?

ちなみに、オクトエキスパンションはAmazonで買うとちょっと安いので、まだの方はAmazonで買うのがオススメです。


スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション|オンラインコード版



追伸・タコのamiibo

タコ3種類のamiiboが発売予定です。もうビックカメラの通販サイトは予約いっぱいになって受付終了していました。予約はお早めに。笑

しかし、このamiiboの追加アイテムはギアなんですかね?オクトエキスパンションでも特典ギアが10個以上もらえましたし、ギアは正直たくさん手元にあるので、見た目違いのブキを配布して欲しいところです。

【2018年発売】amiibo トリプルセット[タコガール/タコ/タコボーイ] (スプラトゥーンシリーズ)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です