ガチマ引退して1ヶ月

ゲームでイライラすることがなくなった

去年の7月末から今年の3月末まで頑張っていたスプラトゥーン2のガチマ。

仕事が忙しくなって平日夜にスプラトゥーン2をできなくなってしまい、腕前をキープできそうにないのでいっそのことと思ってやめたのですが、1ヶ月経って振り返ってみるとゲームでイライラすることがなくなってました。

スプラトゥーン2って、よくできたゲームだと思うのですが、4対4の対戦で、自分以外の7人は自分では全くコントロールできないので、自分の思い通りにならないことが多すぎてイライラしちゃうのかなぁと思ってます。



ウデマエXの1位の人の挑戦

ゴールデンウィークに、ウデマエXで1位になったことがある人が100勝するまで配信し続ける企画をYouTubeでやっていたので、見ていたのですが衝撃でした。

(ちなみに、この動画はYouTubeのアーカイブに残っていないので現在は見ることができません)

そもそも100勝って、勝率6割だったとしても170試合くらいしないといけません。ガチマが、前後のマッチングとリザルトを含めると1試合6分だとすると1020分です。17時間ですね。

17時間ぶっ続けで見ることはできなかったので、5時間おきくらいにたまに見る程度だったんですが、60勝をすぎたぐらいで、泣いてました。

「もうおかしいって!」

「勝てへん!!」

仲間と敵とで実力差がありすぎるマッチングが続いたようです。世界1位の人でも、ガチマでメンタルをやられちゃうんだ・・・。

それでも、ウデマエXで勝率6割をキープしていたので、泣かなくてもいい戦績だと思ったんですが・・・。

ということで、どうやらスプラトゥーン2は世界1位のウデマエになったとしてもメンタルをやられてしまうゲームのようです。苦笑

20時間弱ぶっ続けでウデマエXに潜り続けて、勝率6割をキープし続けた驚異の動画なので、立ち回りの参考になると思うのですが、本人的には取り乱す場面がいくつかあったのがよくなかったようでアーカイブに残してくれませんでした。もったいない。



勝ち続けたゲーマーの本

今回の動画を見ていて思ったのですが、ストリートファイターでプロゲーマー(日本人初のプロゲーマー)になった梅原大吾さんの書籍です。

スプラトゥーンとは違って1対1の対戦ゲームなので、自分がコントロールできる範囲はスプラトゥーン2よりも多いですが、やはりどれだけ練習しても運で勝負が決まってしまうことがあるのは同じ。

梅原さんは勝敗では心が乱れないようになったようです。

いっときの勝負に勝つことに集中するのではなく、勝ち続けること、つまりは昨日の自分よりも成長を感じられるようになることこそが重要だと主張する梅原さんの本。

読んだことないゲーマーの人にオススメです。

今はプレイしていませんが、昔は格闘ゲーム、特にストリートファイターに夢中だったので梅原さんは憧れの人で、東京に初めて行った時は梅原さんが行きつけのゲームセンターまで梅原さんを見に行ったことがあります。実際にいらっしゃったので、プレイしている姿を間近で見ることができたのは良い思い出です。笑

当時はこんな著書がなかったので、話しかけるきっかけがなかったのですが、あの時にこの本があったら、持って行ってサインをお願いしていただろうなぁ。

 

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

1日ひとつだけ、強くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です