想像以上に難しかった

ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン

週刊少年ジャンプ50周年記念バージョンのミニファミコン。

某大手通販サイトが発売日前日の夕方に発送してくれましたので、発売日に届きました。早速開封してプレイしてみました。

箱の見た目は、完全に週刊少年ジャンプですね。笑

プレイするのはもちろん、「ドラゴンボール 神龍の謎」です。

パッケージと同じ絵のシールが、ファミコンのカートリッジに貼ってあったのですが、確かにこんなパッケージでした。

左にある「ドラゴンクエスト」にも若干惹かれますが、まずは神龍の謎を起動してみます。

このタイトル画面、懐かしすぎる。笑

当時は小学1年生だったので、「CONTINUE」が何なのかわからなかったなぁ。

どっちも同じじゃん、と思ってました。

まあ、1面から先に進むことができなかったので、「CONTINUE」しようが「GAME START」しようが、結局1面からスタートになっているだけなのですが。笑

こんなに難しかったっけ

動画が撮れればこの理不尽さがもっと伝わると思うのですが、このゲーム、時間とともに体力がみるみる減っていくという鬼のような仕様でした。

体力が100しかないので、体力回復アイテムをどうにかして拾っていかないと、歩いているうちに倒れてしまいます。

そして、体力回復アイテムかと思って近づいたら、コウモリが出てきて体力を逆に削られる。涙

途中、中ボスが出てくるものの、攻撃をかわすことができない。あっという間にゲームオーバーです。

正直、なめてました。

当時は小学1年生だったので、いまの自分がプレイすればある程度のところまではいけるかなとタカをくくっていましたが、全然ダメでした。笑

攻略ガイド

週刊少年ジャンプバージョンのミニファミコンの攻略ガイドがミニファミコンの発売日に合わせて出版されています。

読んでみたのですが、けっこう適当な書き方です。笑

というか、ゲーム自体がシンプル(かつ、難しい)ので、簡単な書き方しかできないんでしょうね。

攻略方法を知っていてもクリアできる難易度ではない気がしてならないです。何度も何度もコンティニューして、攻略方法を身体で覚えてクリアするといった感じでしょうか。笑


Vジャンプ8月号増刊 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン 世界最速クリアガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です